Risaの話🌛

年が明けてから早いもので、二月に突入しましたね。

 

SRのリサです。

 

 

 

 

 


わたしの母親がよく言うのです。


「歳を重ねるたびに月日が光の速度で進んでいくよ。一日を楽しく過ごしなさいね。」

  

そんな言葉が身に染みてる今日この頃です。今回はお店の話を。

 

 

 

 

 

 

 

SR(元:Stockholm Roast)が兜町へ移転し早半年。


元は表参道の屋台村といわれているCOMMUNEの一角で営んでおりました。


The coffee shopというよりSomething+ Coffee shop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道246に面した黒い掘建て小屋で


毎朝新聞とカタネベーカリーの美味しいパンと

 

それに合うコーヒーを用意して。

 

好きな音楽を流し、少しエッジのきいた雑貨を並べて。

 

 

 

 

 

「おはよう!元気?調子どう?」

 

なんて挨拶をするそんなお店。

 

 

 

 

 

ときには洋服やお花のpopupもして


一風変わってるけどそれもありだよねーって。


そんなこんなで、とにかく色んな人達が集う場所でした。

 

 

 

 

 

日本で焙煎するのを機に兜町へ引っ越しをしてきましたが


Kioskからのストーリーは今も受け継いでいます。

 

 

 

 

 

毎朝新聞とOctober.25のお菓子を並べて


美味しいコーヒーを用意して。


好きな音楽を流し、少しエッジのきいた雑貨を揃える。

 

 

 

 

 

「おはよう!元気?調子どう?」って挨拶をする。そんなお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランド名や内装、場所は変われど

 

良いよねって思ったことを発信し続けていきたい。

 

 

 

 


Something + Coffee=SR


が当たり前であるように、色んな人が集えるところであり続けたいなぁ。

 

 

 

 

 

Wrote by Risa Shimada