Yukaとコクーン歌舞伎🇯🇵

こんにちは yukaです!

 

すっかり季節は梅雨に向かってますね。

 

 

 

 

 

二十四節気は季節を分ける目安になると言われていますが

 

ほんとにその通りに温度や天気が変わっていくのを感じると

 

暦を作った人ってすごいなと毎回思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は先日観劇した、コクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』についてお話ししようと思います!

 

あ、現在絶賛上映中なのでネタバレしない程度に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の舞台は、客席を半分に減らし、開演前後のおしゃべりは小声で、幕間の休憩はなし。

 

裏方さんたちは黒いマスクやフェイスシールド、目から顎下まで覆う布マスク、

 

アルコールを腰に下げてる方も。

 

演者の方も衣装の一部としてマスクをつけ登場するシーンもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽屋挨拶や差し入れ、出待ちなどもできないようです。

 

もちろん、「○○屋!」などの大向こうも聞こえませんでしたね。

 

(劇場や演目によって対応が変わると思いますのでご参考までに)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演前後がやけに静かで興奮をすぐに共有できないもどかしさや、

 

LIVEといえばの演者と観客のレスポンスが声ではなく拍手だったりとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手より先に口が動いてしまう私にはなかなか辛いものがありましたねw

 

状況が状況なだけに最善の対策だと思う反面、少し寂しくもあり

 

物足りなさというかなんともいえない感情も抱きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常、歌舞伎には演出家さんや舞台監督さんはいませんが、

 

コクーン歌舞伎ではどちらもいらっしゃって、斬新な演出方法だったり、

 

え?これって歌舞伎なの?なんて思う場面もあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もシンプルな舞台装置に、映像や鏡パネルを使って

 

演者の人数がたくさんいるように仕掛けたり、照明ではなく蝋燭の

 

明かりを頼りにシリアスな場面に緊張感を抱かせたりと見所たくさんでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は幕間の休憩がなく2時間強ぶっ通しでしたが、

 

幕前でやる和太鼓や篠笛のパフォーマンスは時間の感覚を忘れさせ、

 

圧倒させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、勘九郎さんの息子さんの長三郎さんも出演されていました。

 

わたしはお二人の初舞台の時に関わらせてもらったので、

 

その時から比べると本当に大きくなったなぁと

 

勝手に親戚のおばさんの気持ちになってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芝居ができると思ったら休演、という状況で

 

モチベーションや集中力を保つのは難しいんじゃないかなぁと

 

勝手に思ったりしますが、物語が進んでいくうちにみなさんの熱気というか、

 

アドレナリンがドバーーーっとでる瞬間があり、

 

ライブでしか感じることができないものを受け取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが醍醐味ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン○○、という言葉が当たり前になった今、

 

改めてオフラインの感動だったり温かさだったり、

 

間というのを実体験できた時間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活スタイルだけでなく舞台や日本伝統のスタイルも

 

どんどん変化していくと思いますが、いつかまた『中村屋!』と

 

大向こうがあって、面白い時は声を出して笑ったり、仕掛けに驚いたり、

 

あの頃の活気が戻るといいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wrote by Yuka